株式会社 サンコー|栃木県日光市|一般貨物輸送|工場製品・食品の輸送

  • “安心・安全・迅速”
qrcode.png
http://sanko-nikko.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社サンコー
〒321-2355
栃木県日光市沢又690-3
TEL.0288-26-7376
FAX.0288-26-7315
020200
 
 
 
サンコー副社長
2017-06-22
 弊社の副社長でもあり、アイドルでもある「けんちゃん♂」です。
勤続年数10年を迎えても、毎日変わらず元気な挨拶で従業員を見守ってくれています。
 
けんちゃんはとても賢くて、ちゃんと弊社従業員のことは認識しています。が、しかし弊社ベテランドライバー原さんだけは、けんちゃんよりも長く勤めているにも関わらずなぜかいつも吠えられるのです。
これはサンコー七不思議のひとつです(笑)
原さんは仲間たちからは「鉄人」と呼ばれている、本当に頼りになるベテランドライバーなんです。
どんな仕事も飄々とこなし、いつも優しい笑顔を浮かべている存在です。
・・・!あ。もしかしてライバルだと思っているのかなぁ(笑)
 
 
 
来年に向けて~Road toドラコン2018
2017-06-20
 今年のドラコンを終えて、今からの一日一日を大事にしよう!ということで週に一度、来年出場予定の谷口くんとドラコン学科対策を行っています。
 
まず先日「WIIFM」つまり「What's in it for me?」を谷口くんに考えてもらいました。
私にとってどんなメリットがあるの?という意味です。
Qドラコンを優勝することでどんなメリットがあるの?
Qドラコンで優勝するために何をしなくてはいけないと思う?
ということを、彼の言葉で宣言してもらいました。
2018ドラコンまで、一年近く。モチベーションを維持し長い道のりを歩むためには、彼と仲間たち、みんなで一丸となって戦う必要があると思うのです。
 
絶対に勝つ!という強い気持ちでこれからの一年間頑張りたいと思います。
チームサンコー、頑張ります!
 
カマキリ
2017-06-19
私たちサンコーは、非常に緑豊かな土地に社屋があります。
まぁ、簡単にお伝えすると山の中です。
なので一年中すごくたくさんの虫や生き物と出会えます。
大人になると虫が苦手という人が多いようですが、佐藤は虫が割とというかむしろ好きです。
多分虫が苦手が原因として、意思の疎通ができないからなのではないか、と思っているのですが、虫苦手の皆さんいかがでしょうか(笑)
 
今日は今年初のカマキリと出会いました。待合室の中で右往左往していました。
先日録画した「昆虫すごいぜ」というテレビを見たばかりだったので、嬉しくなって捕まえてしまいました。
カマキリと言えば、子どもの頃家にカマキリの卵を持ち帰り、持ち帰ったことを忘れたまま放置していたら家の中でたくさんの赤ちゃんが産まれ、母親にこっぴどく叱られたことが思い出です。
 
もちろんサンコーにはほかにもたくさんの虫や動物たちが遊びに来ます。
ツバメさんはもちろん、キジ、蛇、イノシシ、たぬき、トカゲなどなど。
夏にはカブトムシやクワガタも毎日のように捕まえることができますよ。
こんなかわいい虫たちに出会えるサンコーにぜひぜひ皆さん遊びに来てください♡
 
蜜蜂と遠雷
2017-06-18
 久しぶりにゆっくり時間が取れたので、半年くらい放置していた本を読みました。
 
恩田陸氏の蜜蜂と遠雷です。直木賞と本屋大賞をダブル受賞し、非常に話題になりましたよね。
恩田陸氏は私が中学生の時に初めて「六番目の小夜子」というデビュー本を読んだのを覚えています。
以来好きな作家さんではありましたが、安定感があまりないというのが私の個人的な印象でした。
言葉が溢れてくるようなタイプの作家さんなので、書きたいことが多すぎるのかとっちらかってしまう、というか。
しかし、この蜜蜂と遠雷は私が読んだ恩田氏の作品の中では間違いなくNO1です。
 
音楽を小説にする。
本当に頭の中に音が流れてくるような、ものすごい筆力です。
上下2段組み500ページというなかなかボリュームのある本ですが、全くそれを感じさせません。
すごく悪い人や敵対するものも出てこない上に、ほぼほぼ単調なコンクールという同じような場面構成にも関わらずこれだけ飽きずに読ませる作者の技術力の高さと才能に改めて驚きました。
また、読了後の爽やかな満足感は素晴らしいです。
もしまだ読まれていない方がいたら、自信を持ってお勧めしたいと思える本です。
 
文中にも「ギフト」という言葉がたくさん出てくるのですが、私にとって読書はまさしくギフトです。
自分の中でいい本に巡り合ったとき、周りの空気がすっと一段薄くなるような感じがするのです。
自分と本だけのちっぽけな空間。そこだけまるで切り取られた空間のように感じる瞬間。
そんな時間を味わうために、物語を読んでいるのかもしれません。
あ!ビジネス本とかはまた違う意味で好きです。
 
多分本好きあるある、だと思うけど本屋さんに行くだけで幸せになれます(笑)
 あと、家に未読の本がないと不安になる、とか。カバンに本が入ってないとつい本屋で本を買ってしまう、とか。
 
いくつになっても本を楽しめる心の余裕を持てる自分でいたいな、と思っています。
 
安全会議DAY!!
2017-06-16
 今日は、朝10時から定期便安全会議。16時から一般&YB便安全会議、18時から安全講話、19時から構内安全会議、と怒涛の安全会議DAYでした。
 
18時からは八下田陸運株式会社 安全推進室室長 山田 章様より「安全とは」という講話をしていただきました。
1時間という時間でしたが、笑いあり涙ありで本当にあっという間の1時間でした。
1人はみんなのために みんなは1人のためにというお話の部分があったのですが、私は昔はこの言葉があまり好きではありませんでした。
日本人独特の自己犠牲のような気がして、そんなのおかしいって思っていたのです。
でも本当に良いチームっていうのは、1人1人が主人公で頑張ったうえの「みんな」なんですね。
誰もがみんな主人公で、自分なりの動機や想いの上で努力し、その結果チームとしての信頼が重なり合いより強固なチームになっていくものなのですね。
 
山田様のお話の中で、「ABC」というのもありました。
A=当たり前のことを B=バカにしないで C=ちゃんとやる
本当に当たり前の話ですが、すごくすごく大事なことですよね。
初めてこの言葉を山田様から聞いたのは昨年だったと思いますが、非常に感銘を受けたのを今でも覚えています。
確かになにかミスやトラブルが起きる時って、このABCが守れていない時ですよね。
自分自身もこのABCをいつも心に留めて仕事に取り組んでいきたいと思っています。
 
ドライバーさんも作業員さんも、お仕事が終わってからというお疲れモードな時間だったにも関わらず、すごくいい表情でお話を聞いてくださっていました。
山田様、本当に心に響くお話をありがとうございました。
 
 
リフコン大会に向けて
2017-06-15
フォークリフト運転競技会が来月の7月23日に実施されます。
 
ドラコン同様、昨年は「参加することに意義がある。」という感じだったのですが、今年度は成績もきちんと出していきたいよね!ということで勉強しています。
今日は仕事が終わった後から一緒に1時間半程度学科対策を行いました。
 
選手は弊社期待のエース、人材部門主任の田井くんです。
そして資料を準備してくれたのは、今は遠征中の星くんです。
私は田井くんの勉強中に傍で見守ることしかできないのですが、ドラコンの時の反省を踏まえて今度はしっかり田井くんと一緒の時間を共有していきたいと思います。
 
今月はしっかりと学科対策をし、来月は実技のトレーニングをやっていきたいと思うので、田井くん!一緒にみんなで頑張ろうね!
 
 
お気に入り
2017-06-14
 最近通勤時、いつもこの曲を聴いています。
竹原ピストルさんの「よー、そこの若いの」という曲です。
 
かっこいい大人のかっこいい歌なのです。
必死じゃない大人なんていない。
運送業の地味な仕事と言われていますが、私たちの仲間はみんな必死で働いています。
サンコーの花が咲くように、私も必死で頑張ろう!と朝から気合の入る歌なので、よかったら皆さんも聴いてみてください。
 
 
 
栃木県立日光明峰高等学校様 会社訪問
2017-06-12
 今日は栃木県立日光明峰高等学校の2年生の皆さんが会社訪問に来てくださいました。
進路指導の先生とお話を重ね、皆さんの来社を待ちわびていました。
 
高校生が来社してくれること。
もちろん入社してくれればすごく嬉しいけれど、それだけではなく、「物流」という業界の存在をしってもらったり「物流」のことを少しでも知ってもらえればと思いながら設えを考えました。
 
トラックの荷台の上での青空授業は、やっているこちらもとても楽しかったです。
そして高校生の皆さんの笑顔を見られたことは弊社社員にとって、本当に良い経験となりました。
学生さんというのは本当にただそこにいるだけでエネルギーが溢れていて、こちらまで元気になることができました。
自分が学生の頃も、そういえば大人がそんなことを言っていた気がします。が、その時は「この人たち何を言ってるんだろう?」と思っていました(笑)
本当に心からの台詞だったんですね。
 
関係者の皆さま、本当にありがとうございました。
またこんな機会がありますことを、従業員一同心から楽しみにしています。
 
帰り道
2017-06-10
 2日目の講義がいつもより時間がおそかったのでで慌てて向かった名古屋からの帰り道、新幹線でお弁当を食べてます!
矢場とんという、名古屋ではとても有名なお店のお弁当です。
名古屋に行くたび名古屋名物を満喫するぞー!と思っているのですが、なんだかんだでそんな時間がなかなかなくて、新幹線でのお弁当が一番の名古屋名物を食べるところになったりしています(笑)
 
お肉も柔らかいし、思ったよりくどくないしすごく美味しかったです♡
 
名古屋が聖地でもある名古屋モーニングを食べてみたい、という野望は今回も果たせなかったので、来月こそリベンジしたいと思っています。
・・・朝、早起きすればできるんだよ!という関係者の声が聞こえてきそうです(笑)
 
物流大学講座 25期
2017-06-09
 今日は一日、社労士の先生の授業でした。
 
労務管理。私が会社でも携わっている部分なので、非常に興味深く講義をお聞きすることができました。
実務でも参考にできる資料が多く、本当に勉強になりました。
 
子どもの頃から勉強は嫌いではありませんでしたが、今はとても好きです。
大人になってから学ぶ、ということ。
それは自分の日常の時間を使って、周りの人にも迷惑をかけ、たくさんの犠牲もともないます。
子どもの時と違うのは、学ぶのも学ばないのもまた自由ということ。
本当にこの学びが必要なのか、自分がやりたいことなのか、自問自答をすることでより学びへの探求心が増えるものだと思います。
以前「学ぶ」ということの意味という本を読んだことがありますが、そこに「学ぶ」とは他者と関わり合いながら「なってみたい私」の方へ向かうこと、というようなことが書いてあり、正にそうだなと日々味わっています。
「なってみたい私」それはサンコーで働くみんなが笑顔で働けるような仕組みを作ることができる私です。
 
こうやって快く送り出してくれるみんなのために、探求心を忘れずに貪欲に勉強して、なってみたい私に近づけるように頑張ります。
 
<<株式会社サンコー>> 〒321-2355 栃木県日光市沢又690-3 TEL:0288-26-7376 FAX:0288-26-7315