株式会社 サンコー|栃木県日光市|一般貨物輸送|工場製品・食品の輸送

  • “安心・安全・迅速”
qrcode.png
http://sanko-nikko.jp/
モバイルサイトにアクセス!
株式会社サンコー
〒321-2355
栃木県日光市沢又690-3
TEL.0288-26-7376
FAX.0288-26-7315
015410
 
 
 
社会保険労務士試験に合格しました!
2019-11-08
令和元年度の社会保険労務士試験に合格しました!
 
私自身様々なサイトで勉強法などを参考にしてきましたので、ぜひどなたかの参考になればと思い、今日は私の勉強法について書きたいと思います。
 
まず私は昨年の平成30年度に初めて受験をしました。教材は、市販教材のみ。つまり完全独学です。
8月が試験日で、勉強スタートは4月。合計4か月間の勉強期間を設けました。その結果、選択式は28/40、択一式が41/70で、択一式が4点足らず不合格となりました。敗因として、7割の正答率が合格ラインのため、自分自身が7割を目指して勉強を進めてきたことにあるな、と思いました。4か月の勉強期間の中で、わからないもの・労力がかかるもの、をなるべく省き、7割を目指した結果、結局6割弱の正答率にしかならなかった、ということです。また、完全独学だったため、どこが重要ポイントなのか自分自身で絞り切れなかったことも敗因です。
 
そこで2度目の受験となった今年は、まず1月から勉強を開始しました。そう、去年の2倍の期間を確保しました!(笑)
本来ならもう少し早い時期からスタートしてもいいのかもしれませんが、短期集中型の性格なので、あまり長い期間を設けてしまうと燃え尽きてしまうと思ったからです。
そこからStudyPlusというアプリを活用して、勉強計画と記録を残しました。昨年度もこのアプリは活用しましたが、昨年は4か月半で521時間の勉強をし、今年度は8か月で703時間を勉強に費やしました。時間は倍になっていないけれど、密度は段違いになったな、と思う一番の違いは、やはり教材です。昨年度は市販教材のみでしたが、今年度は大原の経験者合格コースを通信で受講しました。また社労士V、無敵の社労士、という市販本も使用しました。
勉強方法は、予想問題に多く触れることを意識したことと、また自分用のまとめノートを一冊作り、とにかく苦手箇所を徹底的につぶすという作戦です。そして、移動中は社労士Vに添付されていたCDをとにかく聞き、普段の生活や仕事など自分自身の身の回りで起きていることとリンクできるようにアンテナを常に張っておく、ということも大切だと思います。
 
平日はどうしても仕事中心になってしまうため、1時間も勉強できない日もありましたが、休日は8時間程度の勉強時間を確保できるようにしました。資格試験のための勉強は本当に自分との闘いだし、自分で希望して、やる!と決めているだけなので、誰も促してくれません。だからこそ、モチベーションの維持が一番大切だと思います。お酒も断ち(笑)大好きな漫画も控え(笑)仕事以外の時間はただただ勉強する毎日を8か月過ごしました。でも、そのモチベーションが保てたのは「運送業者にとって必要とされる労務管理の知識を身に着けたい」という気持ちのおかげです。多分そこが曖昧だと、勉強漬けの日々に押しつぶされてしまうのではないかと思います。だからこそ、これから試験に挑む皆さんには、最終地点をしっかりイメージし、自分は絶対に社労士になるんだ!という強い気持ちをもってチャレンジするべきだと思うのです。
 
大人になってから、資格試験に挑むということは本当に楽なことではないですよね。仕事や家庭、各自様々忙しく過ごしていく中で、資格試験なんてしなくても充実した日々を送っている人が大半だと思います。だからこそ、まずスタートしよう!と思えた自分を徹底的に褒めて(笑)楽しく勉強できるようにすることが大切だと思います。
弊社サンコーは資格取得にとても前向きな会社です。今回も私の試験のために多くのみんなが、快く仕事を引き受けてくれたり、応援してくれたり、と大きな支えになってくれました。そんなみんなを助けることができるように、会社をもっと強くしていくために、私ができることは何だろうと思うと、勉強し知識を身に着け、会社をもっと強くしていくことなのだと思うのです。昭和的な考え、と言われるかもしれませんが、私の好きな言葉に「体力のないものは知力を使え、知力のないものは体力を使え、気力がないものは去れ。」というような言葉があります。つまり私のようにドライバーとしての体力や技術がないものは、知力を磨いて皆のためになるしか道はない、という切実な思いで勉強をしているつもりです。
それもこれも、そんな風に思わせてくれるこの会社や仲間たちがいるから、ということが大前提としてあるのです。
 
これから勉強を始める人、社労士・試験・勉強法とかで検索をして、ここを見てくれている人もいると思いますが、まずは自分はなぜ勉強したいのか、なぜこの資格が欲しいのか、を突き詰めて考え、その答えに心から納得することができれば、もうあとはゴール目掛けて進むのみ!です。そして合格するまで勉強をやめなければ、絶対最後には合格できるはずですよね。
 
社労士に関わらず、多くの資格取得を目指す皆さんを心から応援しています。
勉強って苦しいこともあるけれど、基本的には知らないことを知ることができる楽しいもの、です。私もまたこれからも運送業にとって必要な資格があればぜひチャレンジしていきたいと思います。
 
サンコー初のラッピングトラック‼
2019-10-29
見てください‼
サンコー初のラッピングカーが納車となりました。
 
すっごく可愛い大型トラックに仕上がったと思いませんか?わーい♡
サンコーらしい優しいイメージのトラックで、思わず私もバシャバシャ写真を撮ってしまいました!しかも内装もすごくかっこいいしオシャンなんですよー♡
 
大安の日に無事に納車することができて、ホッと一安心するとともに「Logistics for  the future」に恥じないような、会社にしていこう!と身の引き締まる思いです。
 
これからこのトラックは全国を走る予定です。たくさんの場所で、たくさんのお荷物を運び、少しでも社会のお役に立てるようにサンコー一同頑張ります!
 
 
 
全国ドラコン2019
2019-10-28
2年間、サンコードラコン部はこの日のために頑張ってきたともいえる「全国トラックドライバーコンテスト」が、ようやく終わりました。
結果は残念ながら思うような結果を出すことができませんでした。総合点は昨年度よりUPしたものの、目標点数を突破することができませんでした。正直にいうと、この結果を私自身しっかりと受け止めることができるまでにまだまだ時間がかかりそうだし、選手にとってはきっともっと時間がかかると思います。
 
けれど、すごく前向きに考えれば、こういうことの繰り返しがサンコードラコン部の歴史を作ってくれるんだ、ということです。ひとつひとつの課題やドラコンに対する姿勢、そして練習内容の精度向上など、やるべきことはたくさんあります。
 
今年はサンコードラコン部のエース神山が2年目の出場のため、ラストイヤーでした。(全国大会は、1人の出場は2回まで、というルールがあるのです。)不本意な結果に終わり、きっと彼女自身が一番悔しい思いをしたと思います。
ドラコンが無事に終わり、会社に戻ってくる道中、来年以降は後輩にこの経験や技術を伝え、指導を頑張ろう!と話をしながら帰ってきました。
 
初めの一歩は本当に一番大変だし、情報も少ない中、大きなプレッシャーに打ち勝ち、サンコードラコン部の最初の1ページとなる歴史を作ってくれた神山に心からの感謝を送りたいと思います。本当にありがとう!
ただ、サンコードラコン部、もちろんこれで終わりではありません!(笑)
来年度もまずは5月の栃木県大会、そして全国大会を目指し、更に研鑽を重ねていきたいと思います。
待ってろ!全国!の合言葉と共に、また来年も頑張ります。
 
応援してくださった皆様、会社の仲間たち、共に戦った選手の皆様、全国ドラコンに関わっているすべての皆様、本当にありがとうございました。
 
くるみ
2019-10-18
会社の側にたくさんくるみが落ちています。
私も知らなかったのですが、今年、弊社の平部長がたくさん拾ってきてくれました。
今会社でいっぱい干しているのですが(笑)本当に平和な光景です。
 
大人になると、子供のころと違って、終業式があったりなんてイベントもなく、なかなか四季の移ろいを感じることができない気がしますよね。けど、サンコーは自然に囲まれているので、季節を感じることができる出来事がたくさんあるのです。
 
しかも、このくるみ、めちゃめちゃ美味しい♡
今サンコーに遊びにきてくれたなら、くるみをぜひ召し上がってくださいね。
もちろんBGMはミスチルのくるみです!私と同じアラフォーの皆さんにはドンピシャなはず!(笑)
 
全国ドラコンに向けて②
2019-10-14
全国トラックドライバーコンテストは学科・走行・整備の三部門の総合得点で競われます。
今日は「学科」に向けての対策を行いました。
 
私自身、資格試験に何度か取り組んできましたが、勉強で成果を出すためには、人それぞれのやり方があり、正解というのはないと思っています。しかし例えばスポーツ界では心技体のバランスが大切、ということをよく言われますよね。それと同じく、勉強も「心技体」のバランスはとても大切だと思うのです。
モチベーションや前向きに楽しく取り組める心=心、勉強内容の理解や暗記、アウトプット力=技、勉強環境や勉強時間の捻出=体、みたいなイメージでしょうか。
心に関しては、とにかく選手に寄り添うこと。また勉強時間や環境の確保は会社で支えていける一番のことですよね。そして、やはり大切な技!どんなにモチベーションが高く、勉強時間を確保したとしても、せっかくの内容が伴わなければ意味がありません。
今年度、サンコーの取り組みは理解力と同様に暗記力もつけることです。昨年は理解力を重視してやってきましたが、どんな資格試験でも最終的に暗記って絶対必要だと思うのですよね。しかしどうしても理解を深めようとしすぎてしまう。そこに時間のロスや無駄が生まれてしまうのではないかと思うからです。単純な問題、暗記さえしていれば大丈夫という問題、ここを絶対に落とさずに、試験中に安心できる箇所をつくってあげることができたらいいな、と思います。
 
そして暗記の仕方もそれこそ人の数だけあると思いますが、私が一番いいと思うやり方は「人に教えること」です。人に教えることは究極のアウトプットであり、インプットでもあります。そう思い、まずは人に教えるための資料作りを今日は行いました。そしてこの資料を用いて、弊社の従業員に伝える、という勉強方法を行う予定です。
見てください。この可愛い模造紙の資料!!!道路交通法や保安基準など、こんがらがりやすい場所、数字が複数出てくる箇所を重点的に整理・記載してあります。
 
ドラコンの後も、ドライバー教育の資料として品質向上のために使用し、掲示したいと思っています。
ぜひぜひ弊社の神山の力作を皆さん見に来てくださいね!
 
全国ドラコンに向けて
2019-10-10
ラグビーW杯に日本中が沸き上がる中、もうすぐ全国トラックドライバーコンテストがスタートします。
トラックドライバーの甲子園のようなイメージで、各都道府県大会を勝ち抜いたドライバーが集合し、全国No1ドライバーを決める!という熱い戦いを繰り広げるのです。
 
私たちサンコーは今年、栃木県大会を2部門制し、二年連続栃木県代表として全国の土を踏みます!
昨年度は初出場だったので、ただただ参加してきただけ、という感じでしたが、今回は結果をもう少し意識して取り組みたいと考えています。
 
最後に笑顔で終わることができるように、選手はプレッシャーとの闘いになって大変だとは思いますが、頑張ってほしいと思います。
今日はそんな全国ドラコン対策の一日目!同種の車でドライブ!
秋晴れの気持ちの良い日だったので、日光市の憩いの場所でもある大谷川公園へと行ってきました。何を目的に行ったかというと・・・そう!この写真にあるように、すっごく美味しいジェラート屋さんがあるのです。今年の4月にオープンしたばかりのジェラート屋さんらしく「めちゃめちゃ美味しい!!!」って言いながら、食べてました。
この写真はそんな一コマの風景です。
あ!もちろん、二人でこれからどんな風に練習を重ねていくか、という打ち合わせを兼ねてのアイスタイムです!(決してサボっていたわけではありません!笑)
 
楽しい時間もたくさん共有しながら、サンコーらしく、笑顔で全国大会に向けて頑張っていきたいと思います。
 
 
 
高校生がインターンシップに来てくれました!
2019-10-01
今日から3日間、地元の高校、日光明峰高等学校3年生のRちゃんがインターンシップに来てくれます。
「高校を卒業したらドライバーになりたい。」という女の子です。
もう、そんな言葉を聞くだけで涙腺が崩壊しそうな私たちでした(笑)
 
1日目はプロドライバーの心構えをはじめとした新人教育の座学、日常点検の実技
2日目は積み込み現場の見学&体験、トラック乗車体験
3日目は品質向上の座学、トラック修理工場の見学
 
という予定で行います。
 
ドライバーさんになったら、可愛いハンドルカバーをつけて、お花のシフトノブにしたい♡なんて、女の子らしいトークもしてくれて、サンコー女子チーム一同「なんてかわいいのかしら!」と大感激。
ちなみに弊社にインターン来てくれたきっかけは、学校で行われる企業訪問だったそうです。私自身高校生の息子がいますが、日光明峰高校の先生は本当に面倒見がよくて驚きました。1人のインターンシップのために担任の先生はもちろん、進路担当の先生、学年主任の先生など、皆さんがたくさん関わってくれていて、学生さんとじっくり向き合っている様子がよくわかりました。人数があまり多くない分、きめ細やかなケアをしてくださっていて、私たちも安心して学生さんを受け入れることができました。
インターンシップに来てくれたRちゃんはもちろんのこと、お力添えくださった先生方、本当にありがとうございました。
 
 
産業カウンセラー同期会
2019-09-28
今日は久しぶりに、産業カウンセラーの同期会がありました。
養成講座の先生もわざわざ東京から来てくださり、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
産業カウンセラーとは「産業」という名があらわすように、働く人にフォーカスしたカウンセラーです。理論や技術はともかくとして、私自身思うことは、産業カウンセラーの養成講座に通学できたことは大変大きな転機となった気がします。
 
というのも、運送業は「人」がとても大切な産業だからです。
どんなに優秀なドライバーさんでも、1人では1台の車しか走らせることはできません。つまり、ひとりひとりの力が本当に大切な産業なのです。
だからこそ、そんな大切なドライバーさんが少しでも気持ちよく、前向きにお仕事に取り組むことができるようなお手伝いができたらいいな、と管理者一同皆考えています。
 
今日同期の皆さんや、先生方にお会いしてまた改めてその思いを強くすることができました。
少しづつ涼しくなってきて、冬が苦手な私は気が滅入る日が続いていましたが(笑)皆さんのおかげでエネルギーを充電することができたので、また明日から元気に頑張っていこう!と思います。
 
 
適齢者講習@茨城県トラック協会様
2019-09-13
今日は、とちぎ安全教育センター様と茨城県トラック協会様において適齢者講習を行ってきました。
朝から夕方まで、という長丁場にも関わらずドライバーの方たちがすごく真剣に講習を聞いてくださり、私自身も非常に有意義な時間を過ごすことができました。
4名の講師によるそれぞれの専門分野の講習だったため、私自身も他の講師の方のお話を伺い大変勉強になりました。
 
運送業は労働集約型産業の代表格でもあり、雇用の獲得は業界全体として喫緊の課題となっています。
また昨今報道でも大きく取り上げられているように、高齢者の事故が大きく社会を揺るがしています。そのような状況の中、プロドライバーとしてどんな準備をしていけばいいか、また管理者はどのような対応やコミュニケーションをとっていくか、について私自身もお話をしてきました。
 
ちなみにこの写真は、物流ニッポン様に当日の様子が掲載された記事です!佐藤が写っております(笑)
模擬点呼を突然一緒にやってくださったドライバーの方をはじめ、皆様本当にありがとうございました。
今年度はあと2回開催予定となっています。ご興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。お待ちしております。
 
運行管理者試験&社会保険労務士試験
2019-08-25
今日は運行管理者試験(弊社3名受験)と、社会保険労務士試験(私)がありました。
運行管理者試験に関しては、弊社では希望者が会社の全額補助を受けて受験することが可能です。
そのため、毎回数名が受験します。運行管理者試験は合格率が20~30%台となっており、年々難しくなっている傾向のようです。弊社は資格取得に対しては非常に前向きな会社なので、各種免許はもちろん、運行管理者や衛生管理者、そのほか自分自身が興味がある資格、またそれを仕事で生かすプランがあれば会社が全額補助した上での受験が可能となります。
ちなみに私も、その制度を利用して、運行管理者、衛生管理者、産業カウンセラーの資格を取得しました。
また、今年度は社会保険労務士試験にもチャレンジしました。
 
社会保険労務士試験は、合格率が平均して5%程度という狭き門の試験です。
いろいろなブログやサイトで試験勉強法などが出ていますし、自分自身も非常に参考になりました。合格発表は11月なのでまだ結果は分かりませんが、受験内容や試験当日の過ごし方について参考になる方がいれば・・・と思うので、次回はそれを書きたいと思います!あ。ちなみにこの写真は受験会場の日本大学文理学部です。
<<株式会社サンコー>> 〒321-2355 栃木県日光市沢又690-3 TEL:0288-26-7376 FAX:0288-26-7315